回顧録 memoir / 残された過去の思い出

10年ほど前の春頃 ある女性の方から事務所に片付け依頼の電話がありました、 急いでいるとのことで 数日後 指示をされた現場(築40年ほどの二階家)に向かいました。依頼人の方は30歳後半と思われる清楚な感じの方でした。 お話の状況は 「母親はいま病気で入院をしていて、お医者さんはも

回顧録 memoir / 若くして逝った君へ

二年前の9月中頃 中年の男性の方から 電話があった、 男性は「知り合いかの方から紹介をしてもらい、電話をしたのですが・・アパ-トの部屋の片づけの作業料金を教えてもらえますか」と、 (私は おおまかな作業料金をお知らせしました) それからしばらくして 10月の初め 二度目の電話があ

回顧録  memoir

仕事柄 亡くなられた方の遺品の整理もいたします、 4年ほど前 ある男性(63歳)の方から 不用品の買取依頼を電話で受け、 翌日 ご自宅のアパ-トに伺いました、 一人暮らしの男ならではの殺風景な部屋・・ 破れた座布団を2枚出して、 少し見た目の良い方を私に出してくれました、 オヤジ

回顧録  memoir

慌ただしい日々の時間の流れから 忘れ去られ消滅していく、多くの「物達」に触れる度に、どこかの誰かに『あの時の自分を思い出して』いただければと。【その時代に】そして【その時間に】『確かに自身の傍で存在をしていた「物達」の事を 忘れないでいていただければ』幸いです。