• Kenichi makino

星野富弘【蟻を見て想う】

引き取り品の中から見つけた「自分探し」










地上17階のマンション住人の方から

不用品の引き取り依頼があり作業に伺いました、

階段の踊り場から下を覗くと ふらつきそうな高さ・・

交差点には多くの人や車が動いている

それぞれが進む目的地が違うがなぜか同じように見える、

時間を早送りをして24時間カメラで刻々と撮影をしたら 

毎日 ほぼ 変わらない動きを見ることが出来るのかもしれない。

写真の「星野富弘氏」の詩の飾り立てに おもしろい「詩」がある・・

暖かくなり始める5月に入るといたる所で庭先に多くの「蟻達」が行儀よく行進をしている。じっと観察をしていると 「列も乱さず歩き続ける蟻達」

「時折隊列を外れてなにか餌を探すように右往左往するが また 隊に戻り行進を

し始める蟻達」 それぞれだ

『星野富弘氏』の『蟻の詩』、

一匹の蟻が隊列から離れ迷子になったのかもしれない、

柿の木にでも登って枝を歩いているのだろうか・・

多くの隊列にいる時は日々の役割の中で「絶対という使命」の中で生活をして働いていたが、 自身が「その他大勢」から離れ わが身一匹になった時、

「この蟻」は なにを考え『なにを信じて』 いまを「想う」のだろうか・・


 





316回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示